川越市で根本改善を目指すなら「いしかわ鍼灸治療院」

川越市いしかわ鍼灸治療院のブログをご覧になって頂き誠にありがとうございます。

今回お伝えする体操はこんな方にオススメです。

・ふくらはぎの裏にしびれや痛みが出やすい
・足の裏にしびれが出やすい
・歩いたり、身体を動かしていた方がしびれが減る

このようなことが見られる方はぜひ今回の体操を行ってみて下さい。

今回お伝えする体操は神経の動きと血流を改善させる体操です。

坐骨神経痛を起こす原因はいろいろあります。

そもそも坐骨神経がなぜ痛くなるのか?

なんとなく神経が圧迫されて…みたいなイメージはあると思います。

たしかに神経が圧迫されてしまうのですが、どこで圧迫されてしまうのかはよくわかっていないのではないでしょうか?

そもそも坐骨神経はどこにあるのか?なぜ坐骨神経痛になってしまうのか?
その辺りの説明を入れながら今回お伝えする体操がなぜ効果的なのかを解説していきます。

 

坐骨神経ってどこにあるの?

坐骨神経ってよく耳にするけど実際どこにあるのかよくわかっていないという方もいらっしゃると思います。

まずは坐骨神経がどこにあるのか見ていきましょう。

坐骨神経のおおもとは脳です。脳から脊髄神経になります。脊髄神経は背骨の中の脊柱管という所を通っています。この脊柱管が何らかの要因で狭くなり脊髄神経が圧迫されてしまうのが脊柱管狭窄症です。
その脊髄神経から腰の所で枝分かれして脚の方に伸びているのが坐骨神経になります。坐骨神経が膝の裏辺りでさらに浅腓骨神経、深腓骨神経、脛骨神経に枝分かれして足先まで伸びています。

脳と脊髄神経を中枢神経と言い、脊髄神経から枝分かれして手足に伸びている神経を末梢神経と言います。
下の図を見てわかるように神経は脳から手足の先まで1本でつながっているのです。

末梢神経

 

 

坐骨神経痛が起こる要因

坐骨神経痛と一口で言っても、坐骨神経が痛くなる要因はいろいろあります。

脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、神経根性、すべり症、梨状筋症候群。これら全てが坐骨神経痛を引き起こす可能性があります。
これら以外にも坐骨神経痛を引き起こす要因として「滑走障害」というのがあります。
滑走障害は筋膜や筋肉でも起きるのですが、神経でも起きることがあります。

今回の体操はこの滑走障害に効果的です。

滑走障害とは読んで字のごとく滑りが悪くなることです。

神経も実は身体の中を滑っているんです。

下のイラストを見て下さい。
脚を上げると足先まで伸びている神経は伸張もするのですが、伸張する以外にも身体の中を矢印の方向に滑って移動します。神経がどこかで圧迫されたり、神経の周りの筋肉の過緊張が起きると滑りが悪くなり滑走障害が起きます。滑るが悪くなる分、神経は過剰に伸張されてしまい痛みやしびれを起こしてしまいます。

神経の流れ

 

こういった坐骨神経の滑走障害を改善させる体操が今回の体操になっています。

体操のやり方はこちらをクリックしてご覧ください。

※今のお身体の状態に合わない場合もあります。ストレッチ中やストレッチ後に症状が強くなる場合は、中止して専門の先生にご相談ください。

今回の体操だけで症状が改善す場合もあるかもしれませんが、あくまでも症状を改善させるための体操の中の1つです。姿勢や普段の身体の使い方、筋力低下、筋肉の硬さ、関節の硬さなど他の要因も改善させることが必要な場合があります。

当院では、丁寧なカウンセリング、検査、説明を行い、痛めた局所に対する施術だけでなく、痛めた局所に負担をかけている原因(姿勢、身体の使い方、他関節の硬さ、筋力低下など)も改善していくことで、再発しにくい身体を作り、健康寿命を延ばすお手伝いをしています。

ご興味のある方はこちらをクリックしてお問い合わせ下さい。

川越市の整体なら「いしかわ鍼灸治療院」 PAGETOP