川越市で根本改善を目指すなら「いしかわ鍼灸治療院」

川越市いしかわ鍼灸治療院のブログをご覧になって頂き誠にありがとうございます。

今回は、腕のしびれの原因とセルフケアについてお伝えしていきます。

腕のしびれの原因は、今までの身体の使い方や姿勢によって首の関節や首肩周りの筋肉に負担が集中してしまい、それが日々の生活の中で積み重なってしまうことが多く見られます。
腕のしびれを引き起こしているのが首の関節なのか、首肩周りの筋肉なのかによって施術方法やセルフケアの方法が違います。

腕のしびれはどこが問題で起きているのか?
その問題に対してどう対処していけばいいのか?

このような疑問に対して解説していきたいと思います。

腕のしびれ どこが問題?

腕のしびれが症状として出ると疑われる疾患で、整体でも対応できるものには以下のようなものがあります。

・頚椎ヘルニア
・頚部脊柱管狭窄症
・頚部神経根症
・斜角筋症候群
・胸郭出口症候群
・神経の滑走障害

よく見られるのはこの辺りではないかと思います。
この中でも今回のセルフケアは「頸椎ヘルニア」「頚部脊柱管狭窄症」「頚部神経根症」この3つに効果が期待できます。
この3つの疾患について簡単に解説していきます

〇頸椎ヘルニア
「ヘルニア」という言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか。
「ヘルニア」とは、語源はラテン語のherniaで脱出を意味しています。
何らかの原因で弱くなり出来た体内の裂け目・孔(あな)を通って,臓器や組織が本来の位置から脱出した状態をいいます。
つまり、頸椎ヘルニアとは、下のイラストのように頸椎の椎間板から髄核と呼ばれる組織が脱出した状態のことです。
頚椎ヘルニア
脱出
した髄核が首から指先まで伸びている神経を圧迫して、腕や手にしびれの症状が出てしまいます。

〇頚部脊柱管狭窄症
脊柱管とは、背骨にある脊髄神経が通るトンネルのようなものです。そのトンネルが何らかの要因で狭くなってしまう状態を脊柱管狭窄症と言います。
脊髄神経が通る脊柱管が狭くなってしまう要因はいろいろあります。
・椎間板ヘルニア
・骨の変形(骨棘)
・靭帯の肥厚
などがあります。
頚部脊柱管狭窄症


〇神経根症
神経根とは、脊髄神経が枝分かれして脊柱管から出た根本の部分です。この根本の部分が下のイラストのように、椎間板の変性や骨の変形によって圧迫されてしまうのが神経根症です。
神経根症
症状として手や腕の痛み・しびれもあるのですが、下のイラストのように首や肩、肩甲骨の内側に痛みを出すこともあります。
頸椎は7番まであります。例えば頸椎の5番と6番の間にある神経根に問題が起きると肩の上に痛みを感じます。この場所ってよく肩こりを感じる場所ですよね。肩こりだからと言って筋肉をほぐすマッサージばかりをやっていても良くならないのは神経に問題が起きている可能性もあります。
頸椎関節由来
では、実際に自分自身の症状がこの3つの疾患からきているのかをチェックする方法をお伝えします。
基本的にこれら3つの疾患は神経の通り道が狭くなることで症状が出ています。
なので、神経の通り道を狭めるような動きをして症状が誘発されればこれら3つの疾患の可能性が高いです。
その動きとは、天井を見るように頭を後ろに倒す。もしくは症状がある側に頭を斜め後ろに倒すことです。右に症状が出ている場合は右斜め後ろに頭を倒します。このやり方は動画でも解説していますので確認してみて下さい。

今回のセルフケアを行うことで、椎間孔と呼ばれる神経の通り道が広がり手や腕のしびれの改善につながります。

セルフケアのやり方は動画で👇

※今のお身体の状態に合わない場合もあります。ストレッチ中やストレッチ後に症状が強くなる場合は、中止して専門の先生にご相談ください。

今回の体操だけで症状が改善す場合もあるかもしれませんが、あくまでも症状を改善させるための体操の中の1つです。姿勢や普段の身体の使い方、筋力低下、筋肉の硬さ、関節の硬さなど他の要因も改善させることが必要な場合があります。

当院では、丁寧なカウンセリング、検査、説明を行い、痛めた局所に対する施術だけでなく、痛めた局所に負担をかけている原因(姿勢、身体の使い方、他関節の硬さ、筋力低下など)も改善していくことで、再発しにくい身体を作り、健康寿命を延ばすお手伝いをしています。

ご興味のある方はこちらをクリックしてお問い合わせ下さい。

川越市の整体なら「いしかわ鍼灸治療院」 PAGETOP