川越市で根本改善を目指すなら「いしかわ鍼灸治療院」

川越市いしかわ鍼灸治療院のブログをご覧になって頂き誠にありがとうございます。

今回は肩こり解消ストレッチ②をお伝えしていきます。

今回のストレッチは、

・肩をマッサージしてもらってもすぐ戻ってしまう

・家族や友人に背中が丸くなってるよといわれた

という方にぜひ行って頂きたいストレッチです。

今回のストレッチを継続して行うことで、肩こりの原因の1つである猫背の改善が期待できます。また、病態によっては腕や手のしびれが改善する事もあります。

今回ストレッチする筋肉は小胸筋です。

なぜ小胸筋が硬くなるといけないのか?

小胸筋とは、第3~5肋骨から肩甲骨の烏口突起と呼ばれるところに付着し、肩甲骨を引き下げたり、肋骨を引き上げる作用があります。

小胸筋が硬くなることで肩甲骨が引き下げられてしまい、肩甲骨が前に出てきてしまいます。肩甲骨が前に出ることで連動して背中が丸くなり猫背になってきてしまうのです。

胸郭出口症候群 頭部前方位

猫背になることで頭の位置が前に出てしまい結果として首や肩の筋肉に負担が増えてしまいます。

また、小胸筋の下には血管や神経が通っており、硬くなるとそれらを圧迫してしまい、腕や手のしびれ、手の冷えを出してしまうこともあります。

小胸筋のストレッチ方法の動画はこちらをクリック

※今のお身体の状態に合わない場合もあります。ストレッチ中やストレッチ後に症状が強くなる場合は、中止して専門の先生にご相談ください。

今回の体操だけで症状が改善す場合もあるかもしれませんが、あくまでも症状を改善させるための体操の中の1つです。姿勢や普段の身体の使い方、筋力低下、筋肉の硬さ、関節の硬さなど他の要因も改善させることが必要な場合があります。

当院では、丁寧なカウンセリング、検査、説明を行い、痛めた局所に対する施術だけでなく、痛めた局所に負担をかけている原因(姿勢、身体の使い方、他関節の硬さ、筋力低下など)も改善していくことで、再発しにくい身体を作り、健康寿命を延ばすお手伝いをしています。

ご興味のある方はこちらをクリックしてお問い合わせ下さい。

 

川越市の整体なら「いしかわ鍼灸治療院」 PAGETOP