川越市で根本改善を目指すなら「いしかわ鍼灸治療院」

川越市いしかわ鍼灸治療院のブログをご覧になって頂き誠にありがとうございます。

今回は首・肩こりを解消させる体操の1つをお伝えしていきます。

・電気やマッサージを受けてその時は良いけどまたもどってしまう…

・家族や友人に「猫背だよ」と言われたし、肩こりもある…

こういった方は是非今回の体操を継続して試してみてください。

今回は、背中の動きを改善させる体操です。

なぜ、背中の動きを良くするといいのか?

マッスルインバランス

人の身体は可動性が必要な関節と安定性が必要な関節が交互に連結していてそれぞれ影響を与えます。

例えば右に振り向く時は首を右に捻りますよね。その時可動性関節の上部頸椎(頭と首の付け根の関節)と背中の関節(背中の上の方の関節は首の動きと連動しています)が硬ければ、間に挟まれた本来安定していなければいけない下部頸椎(首の真ん中~下の関節)がたくさん動いてしまい過剰な負荷がかかってしまいます。それが積み重なると首の関節や筋肉を痛めてしまいます。また首の関節を痛めると首の関節由来で肩や背中に痛みが出ることもあります。(下のイラスト参照。頸椎の5番と6番のをつないでいる関節を痛めるとC5-6と書いてあるエリアに痛みを感じるようになります。ちょうど肩こりと同じような場所ですね。)これが肩こりがマッサージだけでは良くならない理由の一つにもなります。

頸椎関節由来

他に背中の動きを良くすることで猫背を予防できます。

猫背になると背中は丸まってしまいます。その姿勢で長い期間いると丸まったまま関節が硬くなってしまいます。丸まったまま硬くなると背中が伸びずらくなり、猫背が身体に定着してしまい肩こりが起きやすくなります。

そうならないためにも背中を動かし関節が硬くならないようにすることで猫背を予防し肩こりが起きにくい姿勢を保っていきます。

背中の動きを良くする体操の動画はこちらをクリック

※今のお身体の状態に合わない場合もあります。ストレッチ中やストレッチ後に症状が強くなる場合は、中止して専門の先生にご相談ください。

今回の体操だけで症状が改善す場合もあるかもしれませんが、あくまでも症状を改善させるための体操の中の1つです。姿勢や普段の身体の使い方、筋力低下、筋肉の硬さ、関節の硬さなど他の要因も改善させることが必要な場合があります。

当院では、丁寧なカウンセリング、検査、説明を行い、痛めた局所に対する施術だけでなく、痛めた局所に負担をかけている原因(姿勢、身体の使い方、他関節の硬さ、筋力低下など)も改善していくことで、再発しにくい身体を作り、健康寿命を延ばすお手伝いをしています。

ご興味のある方はこちらをクリックしてお問い合わせ下さい。

 

 

川越市の整体なら「いしかわ鍼灸治療院」 PAGETOP