川越市で根本改善を目指すなら「いしかわ鍼灸治療院」

川越市いしかわ鍼灸治療院のブログをご覧になって頂き誠にありがとうございます。

今回の体操は

・反り腰と言われたことがある

・腰が丸まらない

・歩くと脚がしびれる

・腰を反ると痛い

といった方にオススメの体操です。

特に腰の関節が硬くなっている脊柱管狭窄症の方には効果が期待できます。

ただ、腰の関節が緩くなっている脊柱管狭窄症の方にはこの体操だけだと悪化してしまう可能性があるので、プラスで多裂筋や腹横筋などの腰を安定させるインナーマッスルの機能改善が必要になります。

多裂筋の体操はこちらをクリック

腹横筋の体操はこちらをクリック

自分の腰が硬いのか緩いのかどっちなのかは、自分でチェックするのはなかなか難しいので一度専門の先生にご相談ください。

さて、今回はどんな体操を行うかというと、腰を丸める体操です。

腰を丸めるとなぜ脊柱管狭窄症にいいのか?

脊柱管狭窄症とは、背骨にある脊柱管と言われる脊髄神経が通るトンネルの中が狭くなり、神経が圧迫されて神経の血流が悪くなり症状が出てきます。

脊髄神経は腰の所で左右に枝分かれして足先に向かって伸びています。

末梢神経

脊柱管は腰を反ると狭くなり、逆に腰を丸めると広がります。

なので立っていたり、歩いたりすると腰が反り神経が圧迫されて症状が出てしまい、座ったり、腰をかがめたりすると脊柱管が広がって神経への圧力が減り症状が緩和します。

これを間欠性跛行と言います。脊柱管狭窄症の特徴的な症状です。

ただ腰を丸めるだけでもいいのですが、今回の体操は、自分の筋力を使って腰を丸める様に行います。

自分の筋力を使うことで身体に定着しやすくなります。

体操のやり方の動画はこちらをクリック

※今のお身体の状態に合わない場合もあります。体操中や体操後に症状が強くなる場合は、中止して専門の先生にご相談ください。

今回の体操だけで症状が改善する場合もあるかもしれませんが、あくまでも症状を改善させるための体操の中の1つです。姿勢や普段の身体の使い方、筋力低下、筋肉の硬さ、関節の硬さなど他の要因も改善させることが必要な場合があります。

当院では、丁寧なカウンセリング、検査、説明を行い、痛めた局所に対する施術だけでなく、痛めた局所に負担をかけている原因(姿勢、身体の使い方、他関節の硬さ、筋力低下など)も改善していくことで、再発しにくい身体を作り、健康寿命を延ばすお手伝いをしています。

ご興味のある方はこちらをクリックしてお問い合わせ下さい。

川越市の整体なら「いしかわ鍼灸治療院」 PAGETOP