川越市で根本改善を目指すなら「いしかわ鍼灸治療院」

川越市いしかわ鍼灸治療院のブログをご覧になって頂き誠にありがとうございます。

今回は腰痛を和らげるストレッチをお伝えしていきます。

今回のストレッチは、

・前屈が硬くて腰痛がある

・前かがみになると腰が痛い

という方にぜひ行って頂きたいストレッチです。

今回のストレッチを継続して行うことで、腰痛の原因になってくる骨盤と股関節の動きの硬さを改善できる効果が期待できます。

今回ストレッチするのは太ももの裏側にあるハムストリングスという筋肉です。

ハムストリングスとは、大腿二頭筋・半膜様筋・半腱様筋、これら3つの筋肉を総称したものです。

骨盤にある坐骨結節という部分から腓骨と脛骨に付着しています。主に股関節を後ろに反らせたり膝を曲げたりする時に使う筋肉です。短距離走の選手やサッカー選手がよく肉離れを起こす所でもあります。立っている時は抗重力筋と言って姿勢を支えている筋肉でもあります。

ハムスト

ハムストリングスが硬くなると起こる問題と腰痛との関連性

・股関節と骨盤の動きがが硬くなる

下のイラストを見てください。ハムストリングスが硬くなることで前屈みになる時に骨盤の前傾と股関節の屈曲が制限されてしまい腰が過剰に曲がってしまいます。そうなると腰の筋肉や椎間板に負荷がかかってしまいます。このような体の動かし方を日々行うことで腰に負荷が積み重なり腰痛になってしまいます。

前屈

・骨盤の歪み

先ほどお伝えしたようにハムストリングスは骨盤に付着しています。骨盤は若干前に傾いているのが正常なのですが、ハムストリングスが硬くなると骨盤を後下方に引っ張り、後ろ側に傾いてしまいスウェイバックや平背と言われる姿勢になってしまいます。

理想的姿勢 後湾平坦  平背

 ↑正しい骨盤の位置     ↑スウェイバック     ↑平背

背骨の腰の部分は軽くおなか側にカーブを描いているのが正常なのですが、骨盤が後ろに傾くと背骨の腰の部分が真っ直ぐになってしまいます。本来おなか側にカーブしている事で腰にかかる負荷を分散させているのですが、真っ直ぐになってしまうことで腰に負荷が増えてしまいます。そうなると椎間板や筋肉に過剰な負荷が積み重なり腰痛になってしまいます。

・筋膜のつながり

ハムストリングスと腰の筋膜は骨盤を介してつながっています。ハムストリングスの筋膜が硬くなることで腰の筋膜も硬くなることがあります。もちろん腰の筋膜が硬くなりハムストリングスの筋膜が硬くなるという逆のパターンもあります。

下のイラストは筋膜のつながりを表したものです。足の裏から後頭部までつながっていますね。

バックライン

 

 

ハムストリングスをストレッチして柔らかくすることで骨盤や股関節の可動域、骨盤の歪み、筋膜の硬さが改善され結果として腰痛が改善されていきます。

ハムストリングスのストレッチ法の動画はこちらをクリック

 

※今のお身体の状態に合わない場合もあります。ストレッチ中やストレッチ後に症状が強くなる場合は、中止して専門の先生にご相談ください。

今回の体操だけで症状が改善す場合もあるかもしれませんが、あくまでも症状を改善させるための体操の中の1つです。姿勢や普段の身体の使い方、筋力低下、筋肉の硬さ、関節の硬さなど他の要因も改善させることが必要な場合があります。

 

当院では、丁寧なカウンセリング、検査、説明を行い、痛めた局所に対する施術だけでなく、痛めた局所に負担をかけている原因(姿勢、身体の使い方、他関節の硬さ、筋力低下など)も改善していくことで、再発しにくい身体を作り、健康寿命を延ばすお手伝いをしています。

ご興味のある方はこちらをクリックしてお問い合わせ下さい。

川越市の整体なら「いしかわ鍼灸治療院」 PAGETOP