川越市で根本改善を目指すなら「いしかわ鍼灸治療院」

川越市いしかわ鍼灸治療院のブログをご覧になって頂き誠にありがとうございます。

今回は腰痛の改善にもつながるストレッチをお伝えしていきます。

病態によっては脊柱管狭窄症や神経根性腰痛にも効果があります。

・腰を反らせると痛い…

・歩いていると脚に痛みやしびれが出てくる

という方にオススメのストレッチになっています。

今回ストレッチする筋肉は腸腰筋です。

腸腰筋は腰椎から股関節に向かって付いている筋肉で、身体の中で唯一上半身と下半身をつないでいる筋肉です。

腸腰筋   股関節屈曲

股関節を曲げたり(もも上げ動作)、仰向けで寝た状態から身体を起こす時に作用します。

上半身と下半身をつないでいる筋肉なので、立っている時や歩く時は身体が倒れないように支えている筋肉でもあります。

腸腰筋が弱くなり機能が低下してしまうと姿勢も崩れてしまいます。

 

腸腰筋が硬くなると反り腰になったり、股関節の伸展可動域が狭くなります。

反り腰になってしまうと腰の椎間関節に負荷がかかりやすくなったり、脊柱管や椎間孔と呼ばれる神経の通り道が狭くなります。

椎間関節に負荷がかかると椎間関節性の腰痛を引き起こし、歩いていると腰が痛かったり、腰を反らせると痛みが出たりしてきます。

脊柱管や椎間孔が狭くなると神経が圧迫されて坐骨神経痛や脊柱管狭窄症を引き起こし歩くと脚の痛み、しびれの症状が出てきます。

股関節の伸展可動域が狭くなると腰に負担がかかります。股関節の伸展とは、足を後ろに伸ばす動きです。

股関節伸展

腰と股関節は隣り合う関節なのでどちらか一方が硬くなると動作の中で一方が過剰に動いてしまいます。

例えば歩く時に股関節の伸展が硬いと腰を反る動作で代償して歩くようになってしまい腰に負荷がかかります。

その動きを繰り返すと先ほど述べたように椎間関節に負荷がかかったり、脊柱管や椎間孔と呼ばれる神経の通り道が狭くなりやすくなってしまいます。

腸腰筋を柔らかくすることで反り腰や股関節の伸展可動域の改善になり、結果として腰痛の改善にもつながります。

腸腰筋のストレッチ方法の動画はこちらをクリックしてください。

※今のお身体の状態に合わない場合もあります。ストレッチ中やストレッチ後に症状が強くなる場合は、中止して専門の先生にご相談ください。

今回の体操だけで症状が改善す場合もあるかもしれませんが、あくまでも症状を改善させるための体操の中の1つです。姿勢や普段の身体の使い方、筋力低下、筋肉の硬さ、関節の硬さなど他の要因も改善させることが必要な場合があります。

当院では、丁寧なカウンセリング、検査、説明を行い、痛めた局所に対する施術だけでなく、痛めた局所に負担をかけている原因(姿勢、身体の使い方、他関節の硬さ、筋力低下など)も改善していくことで、再発しにくい身体を作り、健康寿命を延ばすお手伝いをしています。

ご興味のある方はこちらをクリックしてお問い合わせ下さい。

川越市の整体なら「いしかわ鍼灸治療院」 PAGETOP