川越市で根本改善を目指すなら「いしかわ鍼灸治療院」

川越市いしかわ鍼灸治療院のブログをご覧になって頂き誠にありがとうございます。

今回の体操は、
・前かがみになると腰が痛い
・物を持ち上げる時に腰が不安だ
・歩行が安定しない
・姿勢が悪いと言われたことがある

このようなお悩みがある方はぜひ試してみて下さい。

今回はおしりの筋肉の機能を高める体操になっています。

おしりの筋肉は主に大殿筋、中殿筋、小殿筋とありますが、今回の体操では大殿筋の機能を高める体操になっています。

大殿筋の場所や機能は

大殿筋は、おしりの膨らんでる部分の筋肉で、骨盤から太ももの骨に向かって付いています。
股関節を支点に脚を後ろに上げる伸展動作や股関節を外側に回旋させる作用があり、立っている時には骨盤が前に倒れ過ぎないように支えています。歩く時は、脚を前に出しかかとを着いてから足の裏全体が着くまでに主に働きます。
大殿筋

大殿筋が弱くなるとどうなる?

大殿筋が弱くなると立っている時に骨盤がうまく支えられずに姿勢が悪くなります。
大殿筋が弱いだけではないですが、下のイラストの左側のような姿勢になりやすくなります⇓
   後湾平坦    理想的姿勢

これはスウェイバック姿勢と呼ばれていて、日本人に多く見られる姿勢です。
ちなみに右側が理想的姿勢です。ご自身の姿勢をご家族やお友達に写真を撮ってもらってチェックしてみて下さい。左側の姿勢と似ていたら大殿筋がうまく使えてないかもしれません。
黒い点線は重心線です。足の外側のくるぶしから垂直に線を引き膝の真ん中→股関節の真ん中→耳の穴が一直線になるのが理想的姿勢です。
左のスウェイバック姿勢だと重心線が股関節のだいぶ後ろを通ってますよね。これは大殿筋をあまり使わないようにする為です。

歩く時に大殿筋は、前に出した足のかかとが着く時に上半身が前に倒れないように支えています。その支える機能が弱くなることで歩行は不安定になってしまいます。

あとは腰にとって重要なのが物を持ち上げたり、降ろす時。
この時におしりが弱くてうまく使えていないと腰の筋肉や椎間板に過剰な負荷がかかります。

大殿筋機能

 

 

 

大殿筋の機能が高まるとどうなるのか?

大殿筋の機能が高まることで
・姿勢が良くなる
・歩行が安定する
・物を持ち上げたり、降ろす時に腰への負担が軽減する
・大きな筋肉なので基礎代謝が上がる
他にもありますが主にこのような効果が期待できます。

まずは大殿筋を使いやすくすることが大切です。それから体幹トレーニングやスクワットなどを行うとより効果的になります。

大殿筋を使いやすくする基礎的な体操のやり方は動画で👇

 

※今のお身体の状態に合わない場合もあります。ストレッチ中やストレッチ後に症状が強くなる場合は、中止して専門の先生にご相談ください。

今回の体操だけで症状が改善す場合もあるかもしれませんが、あくまでも症状を改善させるための体操の中の1つです。姿勢や普段の身体の使い方、筋力低下、筋肉の硬さ、関節の硬さなど他の要因も改善させることが必要な場合があります。

当院では、丁寧なカウンセリング、検査、説明を行い、痛めた局所に対する施術だけでなく、痛めた局所に負担をかけている原因(姿勢、身体の使い方、他関節の硬さ、筋力低下など)も改善していくことで、再発しにくい身体を作り、健康寿命を延ばすお手伝いをしています。

ご興味のある方はこちらをクリックしてお問い合わせ下さい。

川越市の整体なら「いしかわ鍼灸治療院」 PAGETOP