川越市で根本改善を目指すなら「いしかわ鍼灸治療院」

膝の悩み専門

 

コロナバナー

 

支持バナー

 

このようなお悩み
\ありませんでしょうか?/

  • 病院でもらった薬を何ヶ月も飲んでいるけど良くならない
  • 病院で先生と少し話して薬をもらうだけで治療が進んでいない
  • 細かい説明がなく、よくわからないまま通っていて不安だ…
  • 毎回、電気と軽いマッサージにはもうあきた
  • このまま趣味の運動やお出かけができなくなるのは嫌だ
  • このままだとこの先の生活が本当に不安だ…
  • 根本的に改善する丁寧な施術を受けたい

↓

そのお悩みなら、
ぜひ、当院に
お任せ下さい!

 

 

多くの方々から
喜びの声
頂いております

~その一部をご紹介します~

 

「一生懸命に取り組んでくださるお人柄を見て決めました」

渡邉好子さん右膝痛で他の接骨院で治療を始めたら逆に痛みがひどくなり、一歩足を突くのに涙がにじむような激痛になってしまい困っていました。ワラをもすがる思いで伺いました。トラウマがあり怖かったのですが、痛みに寄り添ってきちんと話に耳を傾けて下さり、施術後、家に帰ってからの過ごし方、水分、ストレッチや体操を教えていただき、施術して頂くたびに痛みから解放され、お陰様で楽に毎日が過ごせるようになり、石川先生に感謝しています。

Qなぜ、他にも選択肢があるなかで、うちを選んだのですか?
先生がお1人ですべてのなさっていらっしゃり、まじめで一生懸命に取り組んでくださるお人柄を見て決めました。その通りの先生でいらっしゃいました。

Qなぜ、「何もしない」という選択肢があるにもかかわらず、うちに来たのですか?
10年以上前から膝痛に悩まされていて、根本的に治したいと思い、そうしないと寝たきりになってしまうと思ったので。

(W・Y 様)

※効果には個人差があります

「整骨院へ行っても電気を当て少しだけマッサージして終わりでしたが、当院では先生の手だけで筋肉をほぐして膝回りが大変楽になりました」

膝が痛くて伺いました。整骨院へ行っても電気を当て少しだけマッサージして終わりでしたが、当院では先生の手だけで筋肉をほぐして膝回りが大変楽になりました。このまま続けていきたいと思います
Qなぜ、他にも選択肢があるなかで、うちを選んだのですか?
自転車で通るから
Qなぜ、「何もしない」という選択肢があるにもかかわらず、うちに来たのですか?
整体は始めてだったので。

(T・H 様)

※効果には個人差があります

「最近では階段の昇り降り、散歩、仕事もとても楽に行えるようになり嬉しい限りです。」

Q、当院に来院される前はどんな事でお悩みでしたか?
追突の交通事故後左腕を上げたり左に振り向くことが出来なかった。寝返りも痛みが伴い辛い状態でした。
Q、当院に来ようと思った決め手は何ですか?
エキテンで「根治を目指す」治療とあったので時間がかかっても良くなりたいと思った。
Q実際に治療を受けてみてどうでしたか?
通院当初の辛い部分はとても良くなり、若い頃のひざのケガの部分と長年の
「腰痛になりやすい」所が仕事により(ヘルパーです)痛みが出やすくなってしまったので通院を続けています。最近では階段の昇り降り、散歩、仕事もとても楽に行えるようになり嬉しい限りです。

(H・K様)

※効果には個人差があります

 

 

「病院・整骨院・整体院…
どこに行っても良くならないの
なら、他に原因があります。

正しい施術を受けることで
本当に良くすることが
できることを

一人でも多くの方に
知ってほしいです。」

 

施術

私は17年でたくさんのお悩みの方を施術してきましたが、一番思うことは「多くの方がちゃんとした処置・施術を受けられていないこと」と、「それを本当に知らないこと」です。

病院や整骨院・整体などで、薬やマッサージ、電気をあてたり、骨盤矯正をしたりして良くなる症状ももちろんあります。

ですが、それで良くならないのなら、それで何回も通わなければならないのなら、間違いなく他に原因があります。

その本当の原因を見つけ出し、正しい施術を受けることが改善する一番の近道なのですが、多くの方はそこで諦めたり、良くならない施術にずっと通い続けている状態です。

私は、そのような方に、少しでも早く、本当に良くなることを知ってもらってひとりでも多くの方に、早く良くなってもらいたいと思っています。

私は今まで、一般的な腰痛・肩こりでお悩みの方から、プロスポーツ選手・重い症状でお悩みの方まで、あらゆる症状を改善してきました。

そこで積み重ねた経験と磨き続けてきた技術で、全力でお手伝いできればと思っています。ぜひ一度ご相談ください。

 

 

当院は初回のお客さまは
しっかりお話をお伺いし
原因を見つけるために
90分時間を頂いています

 

説明

私が最も力を入れているひとつがしっかりお客様の話をお伺いすること、そして本当にわかりやすく説明をし信頼関係を築くことです。

施術は私ひとりが、話を聞かないまま信頼関係のないまま、勝手に進めてもお客様の不安も多いと思いますし、本当に良い効果は出ません。

これは本当にそうなんです。

まずは私がお客様の状態やお悩みをしっかり聞いて理解し寄り添い、そしてお客さまにも、どのようなことが原因で、どのように改善していくかイメージしてもらって、それで納得して頂いてから、施術をはじめるようにしています

わからないことや不安なことがあれば、なんでも聞いてください。

そして施術も他院であるような担当が変わったり、経験が浅いスタッフが担当したりする心配は一切ございません。

私自身が最初から最後まで責任を持って担当させて頂ければと思っています。

もしお越しいただいた際は全力でお手伝いしたいと思います。

 

 

推薦バナー

 

院長ブランディングバナー

 

 

なぜ、当院では
膝の悩みがこんなにも
根本改善されるのか?

 

膝の悩みが他で良くならない理由

膝の悩み

あなたは膝の痛み=「関節の変形」や「軟骨がすり減っているから」と思っていませんか?

たしかに50年、60年も重力に逆らい、立って生活をしていれば「骨がこすれあい、すり減る=痛い」というのはイメージしやすいかもしれませんが、それは誤解です。

なぜなら、軟骨には痛みを感じる神経が存在しないからです。

ただし、軟骨が溶けてなくなってしまうと軟骨下骨の痛みを感じる神経が表出し、動かすと悲鳴をあげるような激痛が走ります。それは変形性膝関節症の末期の症状で、手術が必要な段階です。

ではレントゲンを撮り病院の先生に「関節が少し変形していますね。」と言われて湿布や薬、注射、電気などで経過を見ていきましょうという段階では、痛みはどこが発しているのでしょうか?

先ほども言ったように軟骨自体には痛みを感じる神経は存在しないので、加齢によるいくらかの変形が認められる段階では軟骨自体が痛むはずないのです。

つまり軟骨以外の別の所が痛みを発していることが多いのです。

膝で痛みを発しやすいのは、膝蓋下脂肪体、筋・筋膜、腱、靭帯、半月板、神経などがあります。これらに対して施術を行うことはもちろんですが、膝に負担をかけている原因として考えられる歩き方や姿勢、膝の捻じれ、筋力低下なども改善していかないと良くならないことが多いのです。

注射や薬、電気、マッサージも大切ですがそれだけでは改善しきれないことがあります。

 

 

膝の悩みの原因について

膝の悩み

運動中や交通事故で膝を捻った、ぶつけたなどの外傷以外で起こる膝の痛みは、日々の生活の中で小さな負担が膝に積み重なり、結果として痛みが出ることが多いです。

なぜ、同じように生活していても膝が痛くならない人もいるのか?

それは膝の痛みがある人に多く見られる膝に負担がかかりやすくなる要因があるからです。

膝に負担がかかりやすくなる要因

  • 膝周りの筋力低下
  • 膝関節の捻じれ
  • 膝が真っ直ぐ伸びない
  • 股関節の硬さ
  • 股関節周りの筋力低下
  • へんぺい足
  • 足首の硬さ
  • 体重増加
  • 姿勢

これらの要因は今までの生活習慣や歩き方、偏りやクセのある体の使い方などの繰り返しによって起きます。

あなたの膝の痛みを改善するには膝に負担をかけている要因と普段の歩き方や身体の使い方なども改善していく必要があります。

 

膝の悩みの症状について

膝の悩み

膝の痛みの症状は様々です。

  • 立ち上がりや歩き始めの痛み
  • 歩いているとだんだん痛くなる
  • 正座やしゃがむ時の痛み
  • 膝の腫れ

などが多くみられます。また痛む場所も膝の前側や後側、外側、内側、お皿の上・下など膝のどの組織を痛めたかによって違います。

膝の痛みを引き起こすことが多い組織

①膝蓋下脂肪体

脂肪体

経験上の話になってしまいますが、膝蓋下脂肪体による膝の痛みが最も多い印象があります。膝蓋下脂肪体はお皿の下の深い所にある脂肪組織である。主な役割は膝が円滑に動けるようにするためのクッション作用であり、痛みを感じる神経が多く存在しています。

変形性膝関節症では関節内の炎症が膝蓋下脂肪体に広がり線維化と言って硬くなってしまうことがあります。本来、膝蓋下脂肪体は関節の動きに合わせて形を変えているのですが、硬くなってしまうと形がうまく変えられず挟まれてしまったり、こすれてしまい痛みを発するようになります。

症状としては階段の昇り降り、しゃがみ込み、歩行時などに膝のお皿の下内側に痛みを出すことが多いです。

 

②滑膜

滑膜とは関節包の一番内側にある組織です。

滑膜

この滑膜に炎症が起こることを関節炎と言い、いわゆる「水が溜まる」という状態になります。

ではなぜ関節炎が起こるのか?

関節内に炎症が起こる要因の1つとして、代謝障害が関与しています。代謝障害とは関節内の老廃物の処理がうまくできなくなったり、関節内に栄養が不足してしまうことです。それが続くと関節軟骨が溶け始めて、関節内に細かな軟骨の破片が拡散します。これにより関節内に炎症が生じると、毛細血管と自由神経終末(痛みを感じる神経)が滑膜内に侵入して滑膜が痛みを感じるようになります。炎症が収まると毛細血管は減少していくのですが、神経組織は残りやすいと考えられています。こうしたことから炎症が繰り返されると痛みを感じる神経が滑膜内に多く存在するようになります。

また炎症が繰り返されると滑膜は肥厚し線維化が起きて硬くなります。これが「膝が伸びきらない」「曲がらない」の原因の1つになることもあります。

 

③筋腱付着部

経験上、膝蓋下脂肪体、滑膜に続いて痛みを出すことが多いのが、筋腱付着部です。      筋腱付着部に痛みを起こすのは膝の捻じれや骨盤の傾き、歩き方のクセなどにより過剰に筋肉に負荷がかかることで、筋腱付着部が引っ張られたり、擦れたりするストレスが積み重なり生じます。

筋腱付着部で痛みを出しやすい3つ

・鵞足炎

・膝蓋靭帯炎

・腸脛靭帯炎

変形性膝関節症では特に鵞足炎が多くみられます。重度の変形例では、半膜様筋腱の炎症も多くみられることもあります。

【鵞足炎】

鵞足とは、太ももの内側にある縫工筋・薄筋・半腱様筋の3つの筋肉の腱の付着部のことです。付着部が鵞鳥の足のように見えるので鵞足と呼ばれています。

症状としては膝の内側やや下のあたりに痛みを感じることが多いです。このように膝の内側に痛みを訴えても軟骨が関係しないこともあります。痛みを感じている部位が関節面より下に感じているのであればこの鵞足炎を疑います。

駕足 

鵞足部は膝の捻じれや歩行時に身体のブレがあると引っ張られるようなストレスが積み重なり痛みを生じます。

【膝蓋靭帯炎】

膝の前側でお皿の下あたりに痛みを訴えている場合は膝蓋靭帯炎も疑います。

ただし、膝蓋靭帯の奥には膝蓋下脂肪体も存在しており鑑別が必要になります。

膝を曲げた状態での圧痛を確認して鑑別していきます。

膝を曲げることで膝蓋下脂肪体は関節の奥に入り込み触れにくくなり、膝蓋靭帯の圧痛がとりやすくなります。

脂肪体 

変形性膝関節症の方は膝の捻じれや膝関節が伸びきっていないことが多く、歩行時に膝蓋靭帯が引っ張られるストレスが積み重なり痛みを生じてしまうことが考えられます。

【腸脛靭帯炎】

腸脛靭帯とは太ももの外側にある大きな靭帯です。O脚をともなう変形性膝関節症では腸脛靭帯だけでなく、外側広筋、大腿二頭筋など膝の外側を支持する筋群も過緊張を生じやすくなります。

膝の外側に痛みを訴える場合はこの腸脛靭帯炎を疑います。

腸脛靭帯炎は変形性膝関節症によりO脚や歩行時の骨盤のブレなどがあり腸脛靭帯が引っ張られることで大腿骨の外側上顆とこすれやすくなってしまいそれが積み重なり炎症が生じます。

腸脛靭帯炎 

 

④軟骨下骨

関節の構造

軟骨下骨とは関節面の表面に存在する軟骨の下にある骨のことです。             表面の軟骨には神経は存在しないが軟骨下骨には神経が存在します。そのため軟骨がすべて溶けてなくなってしまうと軟骨下骨が露出して痛みを生じるようになります。

表面の軟骨には神経が存在しないため少しくらいの変形ならば痛みが生じることは考えにくい。つまり軟骨下骨による痛みは変形性膝関節症の末期にならないと生じにくいと考えられます。

また、軟骨下骨由来の痛みならば荷重時に常に同じ痛みが再現できます。変形性膝関節症の主な症状は、動き初めの痛みであるが、もし動き初めの痛みであれば、軟骨下骨以外の要因が考えられます。

変形性膝関節症にはkellgren-Lawrence(KL)分類というものがあります。1番左側が正常なグレード0、1番右側が変形性膝関節症の末期でグレードⅣになります。KL分類

レントゲンを撮影しグレードⅢ以上になると保存療法での改善が難しくなるため手術も選択肢の1つとして考える必要があります。

どうしても手術をされたくないのであれば、減量や筋力トレーニング、歩き方の修正などを行い膝への負担を最小限にしていき、痛みとうまく付き合っていくこともできます。

歩いていて荷重時に毎回同じような痛みがあるのであれば1度レントゲンやMRIを撮って頂けると良いと思います。変形性膝関節症は進行するものなので過去に取ったレントゲンなどでは判断が難しくなります。レントゲンやMRIを撮影し変形がそこまで強くなければ軟骨下骨以外が痛みを出している可能性があるので、そういった場合は保存療法で改善する可能性が大いにあります。

 

⑤半月板

高齢者になると半月板損傷をともなっている事が多いと言われています。中高年でも長年スポーツをしていた方は、半月板が損傷をしている症例が多いです。しかし、MRIで半月板損傷があっても、半月板損傷=膝の内側の痛みと考えるのは時期尚早です。実際に中高年の場合、半月板を切除する手術をしても痛みが緩和しないどころか、より痛みが強くなることがあると言われています。この場合半月板が直接的な痛みの原因ではなかったことが考えられます。このため半月板が痛みを発しているか、否かの評価が大切になります。

半月板は下のイラストのように膝の曲げる時には後ろに移動し、伸ばす時には前に移動します。  しかし膝の前側の組織や後ろ側の組織が硬くなり半月板の移動がうまく行えないと伸ばし切った時や深く曲げた時に半月板が挟まれてしまい痛みを生じることがあります。

半月板 

半月板には修復しやすい所と修復しにくい所があります。                   半月板は外側1/3には血行が存在するが中央部には血行は存在しませんそのため中央部を損傷した場合は修復しにくくなります。

半月板を損傷することで、膝関節が不安定になり変形性膝関節症につながりやすくなります。  膝関節への負担を減らすリハビリやトレーニングを行い変形性膝関節症への予防が大切です。

 

⑥筋実質

変形性膝関節症における筋肉による痛みは、不安定な膝関節を安定させるためであったり、不良肢位を安定させるために過剰に筋肉に負荷が加わり硬くなり生じている事が考えられます。

変形性膝関節症は膝が伸びきっていないことが多くみられ、その状態で歩く事で膝周りの筋肉に過剰な負荷がかかっています。

また、変形性膝関節症では膝の捻じれも多くみられ、それも膝周りの筋肉に負荷をかけている原因になってきます。

変形性膝関節症で負荷のかかりやすい筋肉

・大腿四頭筋

・腓腹筋

・薄筋

・膝窩筋

・長内転筋

・大腿筋膜張筋

どの辺に痛みを感じるのかを確認し、実際に触れてどの筋肉が硬いのかを見つけていきます。またその筋肉に負荷のかかりやすい姿勢や動きも分析していく必要があります。

 

⑦神経原性疼痛

【伏在神経由来の関連痛】

膝の内側には伏在神経と呼ばれる神経が存在します。症状としては膝の内側部またはふくらはぎの内側部に比較的広範囲であることが多いです。伏在神経の周りの筋肉が過緊張を起こすことで絞扼され症状が出てきます。

大腿神経

 

【腰部神経からの関連痛】

上部腰椎から出る神経は膝の方まで伸びています。大腿神経と呼ばれているものです。また、感覚神経の支配領域というのがあり膝の部分は腰の4番から出ている神経が感覚を司どっています。このように実際に膝に痛みを感じていても問題は腰にあることもあります。           膝を実際に押して圧痛が無ければ腰の問題も想定する必要があります。

デルマトーム 

 

 

当院での改善法

施術

1,膝の状態確認

膝と一口で言っても筋・筋膜や腱、靭帯、半月板、脂肪体、神経など膝には痛みを感じる組織がたくさんあります。その中で何が痛みを感じ取っているのかを細かくカウンセリングと検査を行い見つけていきます。

 

2,膝に負担をかけている原因を見つける

膝に負担がかかりやすい要因がいくつかあります。特に問題が多いのは「股関節」と「足首」です。股関節と足首は膝と隣り合っている関節なので、股関節や足首に問題があると膝関節がねじれるなどの影響が出てきます。雑巾を絞る時をイメージしてみてください。雑巾を持った右手が股関節、左手が足首で雑巾の真ん中が膝です。その右手(股関節)と左手(足首)をひねると雑巾の真ん中(膝)がねじれてきますよね。このような状況が人の脚でも起きてしまうのです。他にも歩き方、偏りやクセのある身体の使い方など膝に負担をかけている原因を見つけていきます。

 

3、関節可動性の確保

膝に痛みのある方は膝が真っ直ぐ伸びきっていないことが多いです。膝が1番不安定になる角度が20~30度曲がった状態と言われています。その不安定な状態で生活をしていたらどんどん膝に負担がかかってしまいます。そうならない様にするために膝が伸びきっていない時は伸ばせるように施術を行っていきます。ただし関節自体が固まっている場合は完全に伸ばしきることは難しくなってきますが、筋肉や脂肪体の硬さ、筋力低下などで伸びきっていない場合は改善することが多いです。

 

4,筋力トレーニング

膝の痛みを抱えている方は膝周りと股関節周りの筋力低下が起きていることが多く、膝に負担がかかりやすくなっているため、段階を踏んで筋力トレーニングを行います。また姿勢や普段の身体の使い方に問題がある場合は背骨の調整やトレーニングを行い修正していきます。

あなたの膝の痛みによるお悩みを無くすには、膝だけ施術するのではなく、膝に負担をかけている原因に対しても施術を行わなければなりません。

 

 

キャンペーン

整骨院や病院に通ったけど良くならない

「このままだと今後の生活が不安だ…」

だからしっかり通院して本気で改善したい!

でも、

「自分に合っている施術かどうか不安だ…」という方のために

 

9月26日までに
\ ご予約の方に限り /

 

整体コース

※通常1回7,000円

OR

整体&鍼コース

※通常1回9,000円

 

 

初回限定500円

 

予約多数のため先着10名様のみ
→ あと5

※全て税込価格

※ホームページをご覧になって頂いた方のみの超特別限定価格です。

 ※ご予約の際は「ホームページを見ました。」と必ずお伝えください。

※当院では、再発しにくい身体を作り、健康寿命を延ばすために普段の姿勢や身体の使い方、関節の硬さ、筋力低下など、痛みを引き起こす原因に対しても改善していく施術を行っています。施術を受けてその場だけ良くなればいいという方には、当院の施術は合わないかもしれません。

※現在、当日予約が難しくなっております。ご予約は前日までにお取りいただきますようお願い申し上げます。

 

 

tel:08091888877 予約フォームLINE マップ

※川越駅東口からバス乗車13分

バス停「伊佐沼冒険の森」下車 徒歩14分

詳しくはアクセスページをご覧ください。

 

 

当院は全国の有名整骨院・
整体院からも厚い支持を
頂いております

 

「常に自分を高めるため日々、勉強と努力をされている先生です」

潤整骨院
院長、柔道整復師
高塚潤先生

千葉の松戸市で自費の整骨院を経営している髙塚と申します。 私は全国規模の勉強会で石川先生と知り合いました。 石川先生はとても真面目で向上心があり、常に自分を高めるため日々、勉強と努力をされている先生です、 石川先生の魅力は治療技術はもちろんですが、その人間性にあると私は思います。 親身な対応と相談しやすい優しい人柄と真摯な対応と技術を持っている石川先生のお人柄は抜群に優れていると思います。 特にカウンセリングにとても力を入れていて、患者さんの話を親身に聞き、笑顔でうなずき、患者さんに寄り添って二人三脚の医療を体現されている先生です。 石川先生は治療技術においてもかなりの実績があり、豊富な知識、技術、柔軟な思考と患者さんがより良くなる事を常に追求し、熱い信念を持った先生です。 石川先生は、1人1人と向き合った上で治療をされているので、必ず根本から改善に導いていく技術をお持ちです。 あなたが病院や整形外科、他の治療院で良くならないようでしたら、『いしかわ鍼灸治療院』の存在は地域の大きな財産になっていると確信しています。 きっとあなたの辛い悩みも笑顔に変えてくれると思います。 本物の治療を是非体感してみて下さい。

「温厚な性格で患者さんからの信頼も厚く、予約がいっぱいで取れないほどの人気の治療者でした」

太子堂鍼灸接骨院
太子堂鍼灸接骨院グループ 株式会社ハンドメディスン 代表取締役、柔道整復師、鍼灸師
谷前英幸代表

石川鉄男先生は、当院で長年にわたり十分な研鑽を積み、沢山の患者さんを徒手で治療してきました。毎日朝から熱心に解剖学などの専門書から学び、後輩にも丁寧に指導してきました。温厚な性格で患者さんからの信頼も厚く、予約がいっぱいで取れないほどの人気の治療者でしたので、患者さんに惜しまれながら当院を退職しました。
その信頼できる人柄と高い治療技術をもって、地元である川越の地域の皆様のお役に立てることと確信しております。石川先生を強く推薦いたします。

「患者様の気持ちを考えながら的確な治療やアドバイスができると思います!」

さわはしはりきゅう整骨院
柔道整復師
澤橋康平先生

私と石川先生の出会いは、私が初めて勤務した治療院でした。石川先生は私の先輩にあたり、共にその治療院で、仕事でもプライベートでもとても良くして頂き、感謝しています!
田舎から出てきたばかりの右も左もわからない私を、とてもよく面倒を見ていただきました!石川先生がいたからこそ、頑張れた部分が多々あり、治療家としても、人間としても成長できたと思っています!
石川先生は、どちらかというと施術中は口数は多い方ではないと思いますが、その分、しっかりと患者様の気持ちを考えながら的確な治療やアドバイスができると思います!
治療技術に関しましても、感覚が鋭く、そこをやって欲しいという部分をしっかりとやってくれる先生だと思います。
人間性もユニークな部分もあり、魅力ある先生だと思いますので、是非石川先生のような良い人に良い施術をしていただく事をお勧めします!

 

 

いしかわ鍼灸治療院が
選ばれる他院とは違う
7つの特徴

 

悩みに寄り添う丁寧なカウンセリング・検査。しっかり話を聞いてくれると評判!

カウンセリング

お身体の状態や症状にもよりますが初回のカウンセリング・検査に約30分ほど頂いております。不安に思ってることやお悩みはもちろんのこと、いつまでに良くなりたい、こうして欲しいなどのご希望もお聞かせください。

 

 

②ソフトで痛み・負担が少ない丁寧な施術です

施術

バキバキ・ボキボキ鳴らすような施術はいたしません。基本的にはソフトでお子様やご高齢の方でも安心して受けて頂けます。

 

 

③痛みの原因を特定し的確にアプローチする施術で根本改善へ

勉強会

痛みの原因はお身体の状態と同様に人それぞれ異なります。当院では、痛みがある箇所とは違う本当の原因を明らかにし、的確にアプローチすることで、何度も繰り返す症状でも根本改善へ導く事が可能になります。

 

 

④3つの国家資格を持つ院長が全ての施術を担当

施術

歴17年で34,000症例以上の臨床経験を持つ院長が全て担当します。途中で担当が変わったり、歴の浅いスタッフが出てくることはありません。

 

 

⑤施術後のケアも万全!痛みが戻りづらいお身体へ

アフターケア

施術の効果を促進させ、より健康な身体にするためのセルフケア指導が充実しています。自宅で簡単にできるストレッチや水の飲み方、食事、睡眠など、身体の状態に合わせてアドバイスいたします。

 

 

⑥当院の施術は症状改善以外にも様々な効果が見込めます

検査

当院の施術で、「姿勢が良くなる」「身体のパフォーマンスUP」「代謝が良くなる」「足の冷えが改善する」「むくみが取れる」「歩きやすくなる」「身体が柔らかくなる」「血液循環が良くなる」「体力UP」「眠れるようになる」「疲れにくくなる」などの効果も期待できます。

 

 

⑦川越市のほか市外からも多数ご来院されます

外観

当院の施術が評判で、川越市だけでなく、さいたま市、上尾市、富士見市、ふじみ野市、川島町、狭山市など市外から多数お越しになられます。

 

 

キャンペーン

整骨院や病院に通ったけど良くならない

「このままだと今後の生活が不安だ…」

だからしっかり通院して本気で改善したい!

でも、

「自分に合っている施術かどうか不安だ…」という方のために

 

9月26日までに
\ ご予約の方に限り /

 

整体コース

※通常1回7,000円

OR

整体&鍼コース

※通常1回9,000円

 

 

初回限定500円

 

予約多数のため先着10名様のみ
→ あと5

※全て税込価格

※ホームページをご覧になって頂いた方のみの超特別限定価格です。

 ※ご予約の際は「ホームページを見ました。」と必ずお伝えください。

※当院では、再発しにくい身体を作り、健康寿命を延ばすために普段の姿勢や身体の使い方、関節の硬さ、筋力低下など、痛みを引き起こす原因に対しても改善していく施術を行っています。施術を受けてその場だけ良くなればいいという方には、当院の施術は合わないかもしれません。

※現在、当日予約が難しくなっております。ご予約は前日までにお取りいただきますようお願い申し上げます。

 

 

tel:08091888877予約フォームLINEマップ

※川越駅東口からバス乗車13分

バス停「伊佐沼冒険の森」下車 徒歩14分

詳しくはアクセスページをご覧ください。

 

川越市の整体なら「いしかわ鍼灸治療院」 PAGETOP